読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘタノヨコズキ

ライフハックと手帳、ときどきうさぎとフェレット

何も書くことがないということ

ペットのはなし

動物写真の現像が間に合わず。
今日はひとりごとです。

 

 

昨日の朝、ペットブログを徘徊していたらこんな一文に出会いました。
勝手ながら、引用させていただきます。

 

たまにかわいい写真が撮れると公開したくなるのですが、毎日ブログにアップするような写真も撮れなければ出来事もなく、猫ブログという枠で続けるのは私には無理だということを痛感しました。

猫ブログではありません。 - 部屋と猫と私。

 

私、今このブログを「写真」「ペット」「手帳」とごちゃまぜにしてやってます。理由は、この一文を書かれた方と全く同じです。ほんとならジャンルはひとつに絞った方がブログのアクセスアップに繋がるんでしょうけど。
だけどひとつのことに大して、そんなにいつも書くことがない。でも3つ合わせれば、毎日とは言わんでも頻繁に書けるかなーと。
実際、今のところは始めてから毎日更新している。

 

これほんとそうでね、ちょこちょこ動き回る動物をうまく撮るって難しくて。例え毎日撮ってても表に出せるような写真が1枚もない時だってある。そして次第に、そんなに毎日毎日撮らなくなっていくのです。

飼い始めたばっかで一挙手一投足なんでも新鮮で可愛いうちは毎日頑張って写真も撮りたいしブログとかTwitterに「可愛い♡」とか書きたいよねー。私もそうでした。

でも何年も一緒に暮らしてると、ペットのいる生活が当たり前になってペットの癖から何から定番化していき、わざわざ表に出して書くような出来事もなくなっていくんです。
 

やれ仕事だ学校だとあちこちを移動する人間の我々だって「今日は何にもなかったなあ」って日がたくさんある。うちの人たちなんて行動範囲は家の中だけで、普通にしてたらメシ食ってうんこしてちょっと遊んで気が済んだらまた寝るだけです。
彼らもきっと「今日なんもなかったわ〜」とか思っていることでしょう。

 

だけど、それが一番良いんじゃないかと今では思う。

今はご隠居が高齢でちょっとした体調の変化でも気になるし、ハルさんは副腎と肝炎で一応闘病中で病院も前より頻繁に行くようになったのでその記録も残していきたいし、ここの記事が誰かの役に立てばいいなとも思っている。
そうでなかったらわざわざブログやるほど書くことなんてなかった。今までがそうだったんだもん。実はフェレットブログとか昔やってたけど、ほんと書くことなくて気付いたら放置でした。

でもそれで良かったんです。

書くことがないということは、彼らが何事もなく健康で平和に暮らせている証拠なのだと思う。できることなら、何も書くことなくてブログ放置しちゃってたあの頃に戻りたいよ。

 

私はもちろん、彼らにとっても。
今振り返れば、あの頃が一番平和だったような気がします。